1. HOME
  2. カラー
  3. 縮毛矯正と白髪染め(トーンダウン)は計画的に

縮毛矯正と白髪染め(トーンダウン)は計画的に

7

縮毛矯正や白髪染めを突発的にやりたくなってしまうと言う事はよくあることだと思います

それはお客さんがやりたいと思う事はとても良いことだと思うんですがその言葉を単純に受け止めて施術してしまうと言う事は美容師としてよろしくない行動の1つです

今回はなぜお客様の言うことを聞いて施術することがよろしくないのかと言うところについてお話ししていきたいと思います

縮毛矯正を突発的にやってしまうことのデメリット

縮毛矯正と言うのは見た目的にはダメージが多くないように感じられるメニューの1つですが実際のところは髪の毛の内部に相当なダメージを及ぼしております例えばスタイルとしてちょこちょこカラーリング(ブリーチ)をする方であれば縮毛矯正の上からブリーチをするというのはとても危険な行為の1つです

このことをお客さんは知りません
美容師と言う髪の毛のプロだからこそ知っている事を考えながらお客さんの今後の理想の髪の毛に近づけるべく施術していくことがとても大事だと思います

今回のお客様の場合ですと癖はさほど強くなく縮毛矯正におけるデメリット部分をお話しした結果とりあえず今回は縮毛矯正ではなく自分でまとめることのできるヘアケアの仕方を教えると言う方向で施術工程をまとめさしてもらえました

白髪染めをすることへのデメリット

白髪染めをした部分と言うのはもう明るくすることができません

そのことを知った上でお客さんは白髪染めすることを望んでいるのでしょうか?もし明るくできないと言う事を知っていたら白髪染めはしない人もいるかもしれません。これは黒染めにも言える事です

美容師というプロとしての考えや目線でしっかりとお客さんに合うメニュー施術を提供する事が美容師の大切なことです

言われたことをやるのではなくお客さんの願い思いをしっかりと汲み取り理想に近づけるそれができないのであればプロではなくアマチュアです

まとめ

縮毛矯正や白髪染めと言うのはメリットとデメリットと言うものが存在します
その部分をしっかりとお客さんに伝えさらにお客さんの理想をお聞きしそこに近づけるために適しているのかどうかを考えると言うことが美容師のプロとしての仕事ですそれを忘れてはいけません

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。