縮毛矯正で失敗しない為に必要な事

縮毛矯正

横浜の美容師 奥条勇紀(オクジョウユウキ)

失敗しない縮毛矯正のかけ方

今回は失敗しない縮毛矯正のかけ方についてお話ししていこうかと思います

縮毛矯正というのは美容技術の中で最も髪の毛に負担をかけやすい技術の1つだと僕は思ってます

もちろんその負担が大きいからこそ髪の毛を劇的に変化させる事ができている事にもつながっているのですが、1つの判断を間違えただけでとんでもない失敗に繋がるのも縮毛矯正という技術の特徴です

そのような事が起きない為に美容師側としてどうしたらいいのか?

今回はそのような部分についてお話ししていこうと思います

縮毛矯正に一番大切なのはカウンセリング

僕の中でくせ毛を縮毛矯正でまっすぐさせるのはとても簡単だと思ってます

ですが…ただ単に縮毛矯正で癖毛をストレートにするだけで女性が可愛くなるわけではありません

あやふやな言い方になりますが、全体のバランスが取れていてこそ美しい髪型というのは作られるのです

ダメージの事だけ気にして根元だけ縮毛矯正してもツンツンのスタイルでは良くないと思いますし、毛先まで縮毛矯正をしてハイダメージの毛先になってしまっても意味がありません

美しい髪型を作る為にまずは事前のカウンセリングというのがとても大切になってくるのです

カウンセリングで気にしなければいけない事

カウンセリングの際に最も気にし無ければいけない事は

  • 以前縮毛矯正をかけた部分の状態
  • 癖の部分とストレート部分の結合部分の状態

*この場合の状態というのはダメージの事です

この2つの事をしっかりと把握した状態で今回の縮毛矯正で作る髪型を考えいきます

ここで一番間違えてはいけないのが、どんな薬剤で根元の癖を伸ばそうなどと考える事です

先ほど言った通り根元の伸びた部分に縮毛矯正をかける事というのは最も簡単な事なのです

理由

髪の毛全体を見てとても健康な部分なのでまず失敗が起きない部分だからです

前回の縮毛矯正部分の確認も大切

ダメージの確認をした後は以前の縮毛矯正の仕上がりの確認もとても大切で、前回の施術で癖がしっかりと伸びているかを把握する事が大切です

この確認の為に一度髪の毛を濡らして乾かし直すなどという作業も行います

もし万が一お客さんが自分自身のブローで癖が伸びている場合など様々な事を想定してまずは自分自身で調べる事が縮毛矯正のカウンセリングには一大切だと思います

理由

一度傷んでしまったものは元に戻らないからです

ダメージと仕上がりの状態を把握した後に今回のスタイル

ダメージと以前の縮毛矯正の仕上がりが分かってから、今回の髪型を決めになります

髪型の要望によっては毛先まで縮毛矯正をした方が良い場合もあれば…ダメージの兼ね合いも考えて根元の施術にしたり等…

それを決める為にもカウンセリングというモノは必要不可欠なものになってくるのです

カウンセリングがしっかりしてないと何も提案できない

僕は何事にもカウンセリングが一番大切だと考えています

髪の毛を暗くするにしても

何のために暗くするのか?

  • 就活用
  • 地毛に戻したから
  • 周りから明るすぎといわれたから

暗くする理由というのは人ぞれぞれ違います

それと同じように縮毛矯正をするにもまずはカウンセリングで、今の髪の毛の状態や家でのヘアセットの様子、求めるスタイル等、色々な事を知ったうえでお客さんに今回の髪型を提供する事が大切かと思ってます

しっかりとカウンセリングする事で縮毛矯正の失敗というの極端に無くなると僕は考えます

*そもそも縮毛矯正が下手となれば話は別になるのですが…

お客さんにも…

縮毛矯正というのはとても危険なメニューです。ゆえにしっかりと美容室と美容師を決めてから縮毛矯正をかける事をおすすめします

まとめ

縮毛矯正で失敗しない為にはまずはカウンセリングが大切!!

僕はこれ以上に必要なものは特にないと考えています

後は…美容師さんの腕…

縮毛矯正の経験と知識が大切です。その2つが無ければ何も見極める事ができませんから!!

っという事が今回はここまで!