1. HOME
  2. 縮毛矯正-メンズ
  3. くせ毛に悩むメンズも縮毛矯正でなりたい髪型になれる
縮毛矯正-メンズ
縮毛矯正メンズ

くせ毛に悩むメンズも縮毛矯正でなりたい髪型になれる

縮毛矯正-メンズ

23

メンズの縮毛矯正

くせ毛で悩んでいる男性の方々朗報です

男性の方でも縮毛矯正をかけて自分のなりたい髪型にする事ができるようになりました

今回はメンズの方の縮毛矯正の施術例や仕上がり・デメリットメリットについてまとめた記事にしたいと思いますので、最後までよろしくお願いいたします。

くせ毛で悩む男性の方は少なくない

なんせ日本人の多くはくせ毛なんですから。
だけど…男性の方に縮毛矯正をかけるとツンツンしてかっこいいい髪型にならない・そもそも縮毛矯正ができないと断られてしまったり、色々な理由でくせ毛男性が縮毛矯正を断念しているようなお話を多く聞きます

そんな方々に
●縮毛矯正をかけられる事を教えたい
●縮毛矯正でかっこいい髪型にする事ができる
事を教えたい
貴方の悩みをぜひ解消したい

僕はそんな思いで縮毛矯正(ストレートパーマ)技術に関して試行錯誤してまいりましたので、ちょっとお話を聞いてみて下さい

男性の方に縮毛矯正をかけるうえでの条件

やはり長さは否めないところ

それはなぜか??

短い髪の毛に縮毛矯正をかけた場合を想定してお話していきたいと思うのですが…

3センチの髪の毛に縮毛矯正をかける事はできます。

ですが…縮毛矯正をかけて3か月後になると、【くせ毛の部分3センチ】+【縮毛矯正の部分3センチ】⁼【くせ毛と縮毛矯正毛の比率が1:1(半々)】

になった場合の髪の毛はウネウネピンといった扱いづらい髪の毛に変貌してしまうのです

上記の理由で短い髪の毛に縮毛矯正をかける事はお勧めしません

男性の縮毛矯正は髪型選びが大切

僕の中ではメンズ縮毛矯正の髪型にするにあたってのスタイル(髪型)を決めています

①ツーブロックスタイル

縮毛矯正メンズ-ツーブロック

これは短くて縮毛矯正をかけれない部分はとことん短くしてしまって扱わなくしてしまうという考えの髪型です。ツーブロックの部分は定期的にメンテナンスをしなくてはいけないですが…縮毛矯正は4か月に一度くらいの定期でかける方向の髪型になるので楽ちんになります

②前髪のみの縮毛矯正+後ろはくせ毛を生かした髪型

くせ毛を生かした髪型-ショート

くせ毛というのは比較的生え際が強い傾向にあります。ゆえにその強い部分のみ縮毛矯正をかけてしまい、ほかの部分はくせ毛を生かした髪型にするという考え方です。これも4か月に一度くらいの縮毛矯正の周期でいいと思いますし、一回にかかる施術時間が短く済むというメリットもありますが…くせ毛を生かした部分のカットは1か月半に一度のメンテナンスが必要になります事を覚えておいて下さい

③全体的に少し長めのスタイル

縮毛矯正メンズショート

すっきりとしたスタイルにはなりにくいですが、少し長めのスタイルにする事で縮毛矯正をかけても持ちの良い髪型になると考えてます。こちらも縮毛矯正は4か月に一度のペースで髪型を持たすうえでの縮毛矯正の周期になると思います。2か月に1回はカットでのメンテナンスをする事をお勧めします

縮毛矯正の髪型の選び方

縮毛矯正するうえで大切なのは髪型の選び方です

ここは結構大切な部分になるのですが…【顔立ちをベースに考えていく部分】+【ファッションやライフスタイルをベースに考えていく部分】の二つを合わさる部分で髪型を決めていく事がとても重要になってきます。

この部分はライフスタイルや好きなファッションが変わることによって髪型も変わっていく方向になりますので、僕はこういう顔立ちだからツーブロックスタイルしかできないみたいな固定概念に捕らわれずに洋服選びの延長線で髪型を決めていけるといいと思います

縮毛矯正メンズ

縮毛矯正のかけ方次第で髪の毛の形状を変える

縮毛矯正とアイロン

縮毛矯正はただ単にまっすぐするための技術ではありません。薬剤とアイロン器具を使い、髪の毛の形状を変えるという事ができるのが縮毛矯正(ストレートパーマ)という技術です

ではどのように形状を変えるのでしょうか?

アイロンの形状で決まる

アイロンの形状に関しては細かくお伝えする事が出来ないのですが…少なくとも10本ほどの異なる形状のアイロンから今回の縮毛矯正の髪型にあった形状を選び髪型を作っていきます

縮毛矯正というのは、もともとある素材(生まれ持った髪質)を根底から変えられる技術なのでいかようにも髪型を楽しむ事ができる面を備えています

アイロン選び一つをとっても、とても切な部分になります

縮毛矯正メンズ3

縮毛矯正メンズ2

縮毛矯正メンズ1

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。