1. HOME
  2. パーマ-メンズ
  3. 直毛でツンツンした髪にはアイロンパーマが最適な訳
パーマ-メンズ
メンズパーマ短髪

直毛でツンツンした髪にはアイロンパーマが最適な訳

パーマ-メンズ

28

今回の記事では、直毛(ツンツン髪)の方にフォーカスしてお話していきたいと思います

直毛の方というと髪の毛に悩みがないのではないかと思っている方が多いと思いますが…直毛にも色々と髪の悩みがあります

その一つがツンツンしすぎて髪の毛がまとまらない問題です

くせ毛の方からしたら何もしないでも髪の毛が広がらず収まっているからうらやましがられるところですが…直毛すぎる場合は

短すぎてもまとまらず長すぎてもうっとおしい印象になってしまい毎回同じような髪型しかできないジレンマに陥ると思います

そんな直毛の方の悩みを一掃してくれるのがアイロンパーマです

アイロンパーマが直毛の方の悩みを全て解決してくれます

前振りが長くなりましたが…今回は直毛の方に最適なアイロンパーマについてのお話をしていきたいと思います

直毛(ツンツン髪)の悩み

直毛の方の悩みはストレート過ぎる事です

  • ストレートすぎて髪にボリュームも出ない
  • 毛先がツンツンしすぎてバサバサに見える
  • どんな髪型にしてもおしゃれに見えない
  • ツーブロックにすると傘みたいな髪型になる

等々

ストレート(直毛)過ぎる事によって上記のような事が髪型に起きるのです

上記の事を全て解決してくれるのがアイロンパーマです

通常のパーマよりもアイロンパーマがいい理由

アイロンパーマというのは10mmほどのアイロン(コテ)を使って先に薬剤を浸透させた髪の毛にアイロンの熱を使って思い通りの形に変えていくパーマの事をアイロンパーマと言います

通常のパーマとの大きな違いはどんなに短くても髪の毛一本一本の形を変えられることです

通常のパーマというのはロッドと呼ばれる棒を髪に巻き付けてから薬剤でそのロッドの形状に変えていくのですが…細かい短い髪の毛というのは巻き付けられずにロッド(棒)の外にツンツンと出てしまいます。これではすべての髪にカール感を与えられずに直毛の方の悩みをちゃんと解決できません

さらにはアイロンパーマは細かく髪の毛の形状を操作できます

あまりくるくるさせたくない方などは中間部分のカールを強くして毛先は緩めのカールにしてみたりと一束一束思い通りの形状にできる事がアイロンパーマのとてもいい部分です。よく言えばフルオーダーメイドパーマです。悪く言うとオートマチックなパーマでない分、仕上がりの髪型をしっかりとイメージできない美容師さんには難しいパーマになります

アイロンパーマの最大のメリット

アイロンパーマの最大のメリットはカットしない限りパーマが落ちる事がありません

アイロンパーマは縮毛矯正変わらないほどの変化を髪の毛に与えます

一度付いた形状は絶対に無くならないのがアイロンパーマの最大のメリットです

軽くしすぎるとまとまらない問題もアイロンパーマが一掃

男性の方で髪の毛を軽くしたいけど…軽くしすぎると髪の毛がまとまらないという方も多いと思います。

そんな方の悩みもアイロンパーマなら解決してくれます

アイロンパーマはどんなに短くてもパーマをかけることができます

梳きすぎてまとまりがなくなてしまった髪の毛もアイロンパーマで同じ方向同じカール感を与える事でまとまりというのは自然と出てきますのでしっかりと髪の毛量をとる事が出来て且つまとまる髪型にする事ができるのがアイロンパーマです

直毛の方のボリュームが出ない問題も一掃

直毛の方がボリュームが出ないのは、まっすぐ過ぎるからです

少しでも髪の毛にカールを与えるだけで自然なボリュームが出ますし、今まで梳く事があまりできなかったのであれば髪を軽くする事で髪の毛にエアリー感が生まれていい感じのボリュームが生まれます

まとめ

直毛の方にはアイロンパーマが絶対におすすめです

今はまだアイロンパーマの認知度が低いためにアイロンパーマと言われてピンとくる方はとても少ないですが…昔の床屋さんでは当たり前の施術でした

それを取り戻したいとかではないですが…アイロンパーマは最近ポッとでた技術ではなく長い年月をかけて安全で確立された技術という事だけはご理解ください

この記事を読んで気になる事などありましたら気軽にご質問ください

質問はLINE@から受け付けています

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。