1. HOME
  2. 縮毛矯正-パーマ
  3. 縮毛矯正毛にデジタルパーマ | まとめ記事
縮毛矯正-パーマ
縮毛矯正

縮毛矯正毛にデジタルパーマ | まとめ記事

縮毛矯正-パーマ

76

縮毛矯正とデジタルパーマのまとめ

どうも勇紀です

今回は縮毛矯正デジタルパーマについてまとめさせてもらいましたので宜しくお願い致します

このまとめ記事には書いていなくて知りたい事などありましたら気軽に質問ラインからよろしくお願い致します

縮毛矯正をかけている髪の毛にデジタルパーマはかけられる?

A、かけられます

そもそもデジタルパーマというのは、縮毛矯正のように熱を使って髪の毛を変形させる施術に対抗して出来た熱を使ったパーマ施術になります。なので、縮毛矯正にはデジタルパーマが一番適しています

縮毛矯正にデジタルパーマをかける事はブリーチにパーマをかけるようなものなの?

A.ハイそうです
縮毛矯正という技術はとても髪の毛に負担をかけるメニューの1つです。カラーで例えるならブリーチ一回分に相当するとも言われています。

ゆえに縮毛矯正をかけた髪の毛にデジタルパーマをかけるという事はブリーチ毛にパーマをかける事と酷似しています

縮毛矯正にデジタルパーマをかける際に気を付ける事とは

縮毛矯正に綺麗にデジタルパーマをかける際に最も気を付けなければいけない事
縮毛矯正のダメ―ジの種類をしっかりと把握する事
美容師さんにしか分からない事ですが…縮毛矯正をかけた髪の毛がアイロン操作で傷んでいるものなのか、それとも薬剤で傷んでいるものなのか…もし薬剤で傷んでいるなら、アルカリ系の薬剤で傷んでいるのか、それとも酸性の薬剤で傷んでいるのか…等、今現在傷んでいる髪の毛の損傷状態をしっかりと把握できたうえで適切なデジタルパーマの薬剤などを選定する事が出来るので、縮毛矯正のダメージは空く能力は欠かせません

それさえできれば縮毛矯正にデジタルパーマをかける事はそれほど難しい事ではありません

縮毛矯正に綺麗にデジタルパーマをかけるにはまずは…縮毛矯正

縮毛矯正をかけた髪の毛に綺麗にデジタルパーマをかける為に最も大切な事は、

ダメージが少なく綺麗に縮毛矯正をかける事

減点はここにあります

縮毛矯正とデジタルパーマの同日施術は問題なし

縮毛矯正とデジタルパーマというのは同日に施術する事は何の問題もないと思います。

くせ毛を綺麗に伸ばす部分(縮毛矯正)と以前縮毛矯正をかけた部分にパーマをかける部分(デジタルパーマ)は完全に施術部分が違うので同日施術は問題はありません

縮毛矯正とデジタルパーマの同時施術は大失敗の原因

縮毛矯正とデジタルパーマの薬剤というのは濃度が違うだけでほとんど同じという事で同時施術というのが簡単にできそうなイメージを持つ美容師さんが多いのですが…そもそもの髪の毛の状態が全く違う為、大失敗の原因になるので同時施術は絶対にやめましょう

なぜ??

くせ毛(健康毛)に縮毛矯正かける縮毛矯正毛(ハイダメージ毛)にデジタルパーマをかける

施術前の髪の毛のダメージ状態が大きく違い過ぎる事が大失敗の要因になります

もし一緒に行うならば…縮毛矯正をかけてからデジタルパーマにしましょう

縮毛矯正とデジタルパーマならどちらが先

縮毛矯正です

なぜ??

根元にくせがある状態でパーマをかけた場合、根元の部分を縮毛矯正綺麗なストレートになった場合毛先のパーマが不揃いになります。ゆえにストレートにしてからパーマかけた方が綺麗なカールが長く保たれるのです

縮毛矯正にデジタルパーマでワンカールボブにするよりもおすすめの施術方法

縮毛矯正でワンカールのボブスタイルにする事はさほど難しい事ではありません。僕の場合はアイロンの種類を変えて根元はストレート、毛先はワンカールといった感じにワンカールボブスタイルを作ります。

デジタルパーマでのワンカールボブでの難点

縮毛矯正毛にデジタルパーマでワンカールボブにするのはお勧めしません

なぜ??

デジタルパーマというのはウェーブを付けるモノです。なので、ワンカールには適しておりません。もしワンカールを付けたいのであればアイロンパーマがおすすめです

 

縮毛矯正画像はこちら

その他に質問がある場合はこちらへ

 

 

縮毛矯正とデジタルパーマの同時施術(ストデジ)はハイリスク

縮毛矯正をかけている人なら絶対にパーマスタイルをやってみたいと1度は思った事があるはずです

そんな想いを叶える為に、根元は縮毛矯正&毛先にデジタルパーマという同時施術(ストデジ)というメニューをやる美容師がいます

ですが…縮毛矯正とデジタルパーマの同時施術はとてもハイリスクなメニューという事を知っていますか?

縮毛矯正というのは美容室の中で最も繊細な仕事が要求されて、そのせいで失敗も多く、一歩間違えると髪の毛をダメにしてしまいやすいリスクの高いメニューです

そんなリスクの高いメニュと一緒にデジタルパーマをかけるというのは、美容室のメニューの中でも最上級の高難易度に値するメニューです

縮毛矯正がリスクが高いというならば、同時施術(ストデジ)は超ハイリスクなメニューです

そんな超ハイリスクなメニュ―をわざわざ同時にやる必要ありますか??

別に同時でなくて、別の日に施術するのでもよくないですか??

サーカス美容師には要注意

僕ら美容師は、お客さんの髪の毛を様々なカタチに変えられる事から、時に魔法使いのように思われたりしますが、魔法使いではなく普通の人間です

けど周りからそんな風に思われてしまうと、一部の美容師は自分が魔法使いのように何でもできると勘違いしてしまいサーカス美容師になってしまうのです

曲芸師のように出来ないモノは無いと言い、他の美容室(美容師)にはできない(やらない)ような施術をやってみせたりします

もちろん成功もするのでしょう

けど…100%成功はないでしょう

髪の毛というのは死滅細胞でできています

一度ダメージを受けてしまうと元に戻る事は無いのです

そんな髪の毛にわざわざハイリスクなメニューをする必要がありますか??

縮毛矯正とデジタルパーマは慎重に

僕のお客さんでも極めて稀に同時施術(ストデジ)をやる方もいます

それは、お店から家までが遠い等で頻繁にお店に来られない場合です

その時は慎重に且つ丁寧に、絶対に失敗の無いように施術する事を心掛けています

ハイリスクな施術ゆえに一歩間違えると取り返しのつかない事が起きやすいのが、ストデジです

そんなハイリスクなメニューができる美容師というとなんだか凄そうに勘違いしてしまいますが、それはただ無謀な美容師なだけです

もし縮毛矯正とデジタルパーマを同時に施術したい場合は信頼のおける美容師さんと相談して決めて下さい

決してサーカス美容師のように自分の技術をひけらかすような美容師にだけは頼ま無いようにして下さい

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。