1. HOME
  2. 縮毛矯正-シャンプー
  3. 縮毛矯正はシャンプーで長持ちするのか?
縮毛矯正-シャンプー
縮毛矯正とカラー

縮毛矯正はシャンプーで長持ちするのか?

縮毛矯正はシャンプー次第で長持ちするのか

縮毛矯正というのは半永久的に髪の毛の形状を変える事の出来る、魔法のような技術です

そんな技術の縮毛矯正シャンプーで長持ちさせる事ができるでしょうか?

 

答えは、全く関係ないです!

 

そもそも半永久的に髪の毛の形状を変える事の出来る縮毛矯正を長持ちさせるという事はどういうことなのでしょう?

 

別記事
縮毛矯正は施術で持ちが変わる…
縮毛矯正の持ちをよくする施術

縮毛矯正の髪型としての持ち?

縮毛矯正の髪型の持ちというのは【髪型の長さ】【くせの強さ】この2つでだいたい決まります

髪型の長さ

髪型の長さで縮毛矯正の持ちが決まるのは、伸びてきたくせ毛の部分と縮毛矯正でストレートになっている部分の比率で決まります

髪の毛が長い場合、ストレートの部分とくせ毛の部分の長さの差は半年経ってもそんなに変わらないと思います

*例えば*

30センチの長さの髪型であれば、半年後…

ストレートの部分が30センチ : くせの部分が6センチほど

5:1の割合になります

この程度であれば癖が弱い方であればさほど気にならないくらいの癖になると思います

 

これが短い場合ですと…

10センチの髪型の長さであれば、半年後…

ストレートの部分が10センチ : くせ毛の部分が6センチほど

1:2の割合(ほぼ1:1くらいの割合)

 

くせの割合が大きくなると髪型に影響しやすくなるので、縮毛矯正の髪型の持ちは悪くなるという事です

くせの強さ

くせの強さも縮毛矯正の髪型の持ちには重要に関係してきます

癖が強ければ強いほど、毛先に与える影響力というのは大きくなり

その逆の癖が弱い場合であれば、毛先に与える影響力も少なくなるので、髪型の持ちは比較的良くなります

 

このように縮毛矯正の髪型の持ちというのは【髪型の長さ】×【くせの強さ】で決まってきます

縮毛矯正は半永久的な技術

これだけは間違えないで下さい

縮毛矯正というのは半永久的に髪の毛の形状を変えられる技術なのです

くせ毛を縮毛矯正でストレートにして半年後に元のくせ毛に戻る事は100%ありません

それが縮毛矯正のメリットでもあり、デメリットといえる部分だと僕は思っています

一度縮毛矯正をかけてしまうと元の髪の毛に戻す事ができないという事です

なぜ癖が元に戻る?

たまに癖が元に戻っている方を見かけます

なぜ元に戻るのか?

これは僕の憶測ですが…しっかりと縮毛矯正をかける事ができなかったからだと思います

 

これは縮毛矯正の失敗です

 

ですが…縮毛矯正の薬によっては質感剤と呼ばれるトリートメントみたいなモノを混ぜながら施術する縮毛矯正もあります

そういった場合ですだと

時間と共に質感剤が取れてきて、癖が出てくる

元々しっかりとストレートにできていなかったが…質感剤で髪の毛に重みを与えてストレートさせていた髪の毛が

その質感剤がとれて、癖が出てきてしまった

っという事だと僕は考えます

さらに、シャンプーにもそのような質感剤が入ったようなモノを使わせる事でしっかりとストレートにならなかった縮毛矯正を出来るだけストレートに誤魔化す…

これを縮毛矯正の持ちを良くするという事なのでは…

 

これはただの失敗のごまかしです

まとめ

縮毛矯正は半永久的に髪の毛の形状を変える事の出来る技術なのです

落ちる、取れるという事は絶対にありません

もし落ちるような事があるのであれば、それは縮毛矯正の失敗をごまかしていたのがバレただけです

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。