1. HOME
  2. 縮毛矯正-シャンプー
  3. 縮毛矯正をかけて24~48時間シャンプーしてはダメな理由はない!
縮毛矯正-シャンプー
トリートメントは縮毛矯正の邪魔をする

縮毛矯正をかけて24~48時間シャンプーしてはダメな理由はない!

縮毛矯正をかけて24~48時間シャンプーをしてはいけない理由

縮毛矯正をかけている方ならこのルールは当たり前のように知っているルールだと思います

縮毛矯正をかけた後というのは24時間~48時間はシャンプーをしてはいけない

これは縮毛矯正というメニューが出始めた頃から当たり前のように言われ続けてきたルールなんだけど…

ではなぜ、縮毛矯正をかけた後の24時間~48時間はシャンプーをしてはいけないのでしょう?!

今回はそこら辺の事についてお話していきたいと思います

24時間~48時間、空気酸化させる為!?

縮毛矯正というのは、還元と酸化と呼ばれる化学反応を用いて髪の毛の形状を変えている技術です

ちょっと一般の方たちには少し難しく感じてしまうかもしれませんが、簡単に言えば

  • 還元という化学反応で髪の毛の中の結合を切り
  • 酸化という化学反応で髪の毛の中の結合をくっ付ける

この2つの化学反応を用いて縮毛矯正やパーマは髪の毛のカタチを変えています

 

この2つの中の酸化と呼ばれる化学反応を24時間~48時間かけてしっかりと空気と酸化(空気酸化)させて髪の中の結合をくっ付けさせたい為にシャンプーはしてはいけないと言われています

もし24時間~48時間以内にシャンプーしてしまうと酸化不十分になってしまう為、縮毛矯正が取れてしまうとまで言われている

ですが…それは 間違い です

空気酸化はしません

薬剤の力で還元された髪の毛は、自然(空気)の力で酸化しません

薬剤の力と自然の力では強さが全然違います

ゆえに空気での酸化というのは髪の毛にさほど影響を与えません

もちろん薬剤の力を用いて酸化させた後に自然の力も使って、しっかりと酸化させるというのが目的なのかもしれませんが…

薬剤というのは、濡れている時に化学反応を起こすものです

空気に触れただけで化学反応は起きません

なので、縮毛矯正をかけてから24時間~48時間かけて空気酸化させるという事はありえませんし、さらにシャンプーしてしまうと縮毛矯正が取れてしまうというのはありえません

もしシャンプーして縮毛矯正がとれてしまったのなら…

もし24時間~48時間以内にシャンプーして縮毛矯正が取れてしまったのであれば…

それは縮毛矯正がしっかりとかかっていなかっただけです

単純に縮毛矯正の失敗と僕は呼んでいます

縮毛矯正というのは髪の毛を半永久的に形状記憶できる技術です

もしシャンプーをしてストレートではなくなってしまったのであれば…

それは綺麗なストレートに形状記憶する事が出来なかった美容師側の失敗です

くせが残るように形状記憶させてしまったと言ってもいいかもしれません

まとめ

縮毛矯正をかけてから24時間~48時間シャンプーしてはいけない理由というのは実際のところありません

シャンプーしたからと言って縮毛矯正が取れる事は決してありません

もし取れてしまったのなら…それは縮毛矯正の失敗です

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。