1. HOME
  2. 縮毛矯正
  3. 縮毛矯正をかけて1週間後に癖が出てきてしまう原因

縮毛矯正をかけて1週間後に癖が出てきてしまう原因

8

縮毛矯正かけて1週間後に癖が出てきてしまう原因については

縮毛矯正をかけた時の薬や中間処理等に原因があります。

縮毛矯正剤の中に強めなコーティング剤が入っているものや中間処理でしっかりとコーティングするものをつけてからアイロンなどで髪の毛にしっかりと付着させる事で髪の毛をストレートヘアーに矯正させていれば、日頃のシャンプーなのでそのコーティングが取れてくると髪の芯からストレートになっていないと癖が出てきてしまいます

これが縮毛矯正をかけてから1週間後に癖が出てきてしまう原因です

もちろんコーティングがいけないと入っているわけではなく、髪の芯からストレートにできていない事がいけないのです

けど…その場の仕上がりしか見れない美容師さんには1週間後の髪の様子は見ようとしにと見えないものだしまさかコーティング剤でストレートに固定されているなんて思わないし…といった感じです

正直なところ髪の芯からストレートにできればコーティングがない方が自然な仕上がりのストレートヘアーにできます

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。