くせ毛のヘアケア

くせ毛ヘアケア法
スポンサーリンク




くせ毛のヘアケア法

くせ毛のヘアケアといっても特別何かが違うわけではありませんが…くせ毛というのは扱うのがストレートヘアーよりもやや難しいモノになりますので、しっかりとヘアケアの基本を知る事がとっても大切です

っという事で基本のヘアケアを知ってくせ毛を自分自身で扱える髪の毛に変えていきましょう

基本のバスケア法

まずは基本的なバス(お風呂)ケアから

  1. お湯でしっかりと汚れを取る
  2. お湯で取れなかった汚れをシャンプーで取る
  3. しっかりとシャンプーをすすぐ
  4. トリートメント(リンス・コンディショナー)で髪の毛に油分を与える(櫛で梳かす事を忘れずに)
  5. 適度に流す

これが基本的なバス(お風呂)ケアです

ここで間違えている方がいるかもしれませんが…髪の毛の汚れはお湯で取るもので決してシャンプーで取るものではありません

やってはいけないバスケア

  1. 軽めのすすぎ
  2. シャンプーの付け過ぎ
  3. シャンプー中の力強い頭皮への擦り

軽めのすすぎでは頭皮や髪の毛の汚れは取る事ができません。最低でも5分以上はしっかりとすすいで下さい

シャンプーは少量で十分です。髪の毛を使って泡立てて、それを頭皮に押し当てて下さい(頭皮の洗い方は洗顔をイメージして下さい)

美容室などで行うシャンプーのまねは一切しないで下さい。美容室でのシャンプーは過度に擦りすぎています。擦っても汚れの取れ方は全く変わりませんので優しく上から下に梳かす程度で十分汚れは取れます(しっかりとすすぎができている場合)

*もし汚れが取り切れていないと感じるのであれば、二回シャンプーしてあげて下さい。もちろん上から擦る程度のシャンプーで問題ないです

髪の毛や頭皮の汚れは基本的にお湯で取りましょう

人工的に付けたモノ(セット剤)はシャンプーで取る感覚で

くせ毛のセット法

セット剤に関しては好きなもので僕は良いと思ますが、一つ一つの特性を知る事がまずは大切です

とはいっても基本的にセット剤は油の形状を変えたものと覚えておいて下さい

①ムース

水分の多いセット剤ゆえに癖を抑えるのは適しにくいですが…付けやすさは抜群です。ムースを使う場合はムースワックスといったモノを使う事をくせ毛にはお勧めします

②ワックス

水分が少なくセット力が選べるセット剤ゆえにくせ毛に使う場合は求めるスタイルに合わせてセット力を変えてあげる事をお勧めします。セット力が弱いモノは癖をさえるイメージ(女性向け)。セット力が強いモノは癖を生かすイメージ(男性向け)

③オイル

最も油分の強いモノになりますので髪の毛にツヤを出すのに適してますが…くせの強さによってはツヤがとても出にくい場合がありますので、自分の癖と相談して使用を考えましょう

④バーム系

ハンドクリームにも使えるような保湿力もあるので、癖を抑える力はとても強いと言えますが…シャンプーで落ちにくいという難点もあり

⑤ジェル

水分も多くセット力が強いモノもあるので癖は抑えやすくシャンプーで落ちやすいですが…ナチュラルな雰囲気にはなりにくいです

セット剤の付け方

セット剤は髪の毛の毛先表面につけるだけで十分です

セット剤は付ければ付けるほどシャンプーで落としにくくなる事も念頭に入れて付けてあげて下さい

セット剤が残る事で起こる事

セット剤とはです

髪の毛に油が残るという事は汚れが残るという事です

そのせいで髪の毛は重くなり、ごわつきやすくなりセットしにくくなる事を覚えておいて下さい

くせ毛の乾かし方

くせ毛の場合の乾かし方は後ろから前です

決して上から下には乾かさないで下さい

理由

くせ毛は元々カールがありますので、根元が潰れてしまうとか先がハネてしまいます。

ゆえに一つ一つの髪の毛の根元がしっかりと立ち上がり毛先が内に入るようにしてあげる為には上から下に乾かす事はNGです

余談…くせ毛を生かす髪型にすると寝ぐせも付きやすくなります。寝ぐせの原因は根元が潰れている事が原因です。ゆえに治す場合は地肌をしっかりと濡らさないと治りません

お願い

参考になりましたでしょうか??

もし参考になった場合はシェアをお願いします

さらに質問も受け付けていますので気軽にご連絡下さい